簡易測量和風の庭

· 抵抗性マツ導入

試験研究 @ 2009年 2 月 18日

昨日(2009.02.17)、和歌山県の林業試験場・中辺路試験地に行ってきました。試験地ではマツ材線虫病に強い抵抗性マツを育成しています。伺った話では、昭和50年代からの事業だそうで、マツノザイセンチュウの人工接種によって生き残った苗を選抜・育成し、さらに採種・実生苗の育成を行っているそうです。県内の抵抗性候補木で生き残ったのはクロマツ、アカマツ各1本のみ(試験地内での話だろうか?)ということで、他府県産からの品種も多いようでありました。

今回はクロマツ20本を予約していたので、それを受け取り、当日中に苗畑へ植えました。
樹高約40〜50cm、樹齢3,4年。

林業試験場・中辺路試験地での抵抗性マツ育成状況

マツ苗

苗畑へ植え付け

Comments are closed.